ONGAESHI

概要

ONGAESHIプロジェクトとは

ESG型広告モデル「ONGAESHI」は、生徒・保護者・実証に参加希望する社会人が広告を見ることで、企業の広告出稿費の一部が教材費として、学校・生徒・社会人に配分される仕組みとなっています。広告はEdTech教材や教育情報サイトに配信されるため、学びながら広告を閲覧することで、自身や他の生徒の、次の学びに繋げることができます。

民間企業から公教育へ、持続可能な形で教育資金を援助する新しいシステムを構築することで、学校やご家庭の教育資金の不安を減らし、教育機会を増やすことを目指します。

ONGAESHIのESG型広告モデル

目的・背景

格差解消の実現

格差解消の実現

「個別最適な学びの実現」に向けて、学校内外で端末を活用する環境は整ってきた一方で、家庭の経済格差による学校外教育の差が、子どもの学力格差や体験活動の差を生んでおり、その格差を解消できるような仕組みを実現することを目指します。

持続可能な新しい資金の流れをつくる

個人情報を安全に扱いながら、持続可能な新しい資金の流れをつくる

企業からの寄付は利益に影響を受け安定性がなく、継続性が担保できないため、企業の事業活動(広告)が、直接、生徒の支援につながる仕組みを構築します。

一方、広告事業も個人情報保護の観点から見直しが必要です。サードパーティCookieの規制はその一環であり、個人への適切な広告配信と個人情報保護の両立は課題視されています。特に教育領域(生徒および保護者)における広告に可能性はあると言われながらも、個人情報の観点で実現が難しいとされてきました。

個人情報の開示と本人の意思でコントロールできる、IGSが構築したブロックチェーンシステムを利用することで、教育領域への広告モデル、及び新しい資金の流れの実現可能性を探ります。

プロジェクトメンバー

「データ活用による教育DXの原資創出システム」
実証事業

IGS
ONGAESHI
未来の教室

参加団体

広告出稿企業


大塚製薬株式会社

河合塾グループ

株式会社セガ

三井住友信託銀行株式会社

教育委員会


さいたま市教育委員会

三重県教育委員会

ESG型広告モデルのアドバイザー


株式会社博報堂DYメディアパートナーズ

参加するメリット

情報収集

情報収集

To collect information

教育情報サイトで子育てや教育にまつわる有益な知識・情報を得られる。

教材提供

教材提供

Donation of teaching materials

広告を見ることで、子どもが一部の教材を利用することが可能に。

教材・講座利用

教材・講座利用

Get educated

Ed tech企業が提供していいる社会人向けの教材・講座を個人利用できる。

交換できる教材

教材1

GROW Academy

動画コンテンツ教材

「思考力」「表現力」「実行力」などを育むアニメ形式の動画コンテンツ教材です。 データの収集・活用を的確に行い、仕事やプレゼンの質をより豊かなものにするためのフレームワークを提供します。

教材2

新たな体験教材

さまざまな体験

生徒の皆様向けに、Webスキルを学んだり、社会で活躍する人たちに直接話が聞ける、新たな体験学習の機会も追加しました!※この教材は中高生の学生のみ利用可能です。

教材3

e-Spire

英語4技能型 e-Learning教材

「e-Spire」は、TOEFL®︎テストの構造に沿って設計。VOCABULARY、READING、LISTENING、WRITING の4つのユニットで構成されています。

参加方法

ONGAESHIに登録する

ONGAESHI_利用ガイド1ONGAESHI_利用ガイド2

ONGAESHI_利用ガイド1

ONGAESHI_利用ガイド2

ONGAESHI_利用ガイド3

ONGAESHI_利用ガイド

詳しい登録方法は「ONGAESHIの登録方法」もご参照ください。

広告閲覧でコインを集める

広告閲覧でコインを集める

1.教育情報サイト「Me-Lab」内で広告を視聴

2.広告を視聴するとコインを獲得

※広告表示、コイン獲得にはONGAESHIにログインが必要です。

 

コインを教材などに交換する

コインを教材などに交換する

1.広告を視聴すると以下のコインをそれぞれ発行

2.自分用コイン→教材などに利用可能

3.寄付用コイン→指定した地域の学校教材用に利用

「そのため広告を閲覧するだけで、
地域の学校と生徒の教育に貢献します。」

  • 広告表示、コイン獲得にはONGAESHIにログインが必要です。
  • 自分用コインはONGAESHI内で提供される教材などにのみ利用可能です。
  • 寄付用コインはユーザーが獲得したコインの一部が自動的に割り当てられます。

参加はコチラ

新しいESG型広告モデル

『ONGAESHI』

実証実験へのご協力、

誠にありがとうございました。

実証実験は2022年1月31日で終了いたしました。

実証実験の結果報告については今後、

Web等で公開いたします。

ONGAESHIに参加する

 

ONGAESHIはお手持ちのスマートフォンから
QRコードを読み込んでご登録ください。

ONGAESHIはこちら>

 

注意事項

  • ONGAESHIはスマートフォン端末のみ対応のサービスとなります。
  • ONGAESHIを利用するために必要なスマートフォン等の端末、通信回線等はユーザーの費用と責任でご用意が必要です。